前期中間発表会(一学期末)

6月 27日、電気科三年生が 4月から取り組んできた課題研究の中間発表会を行いました。各班が製作途中の製作物を前に、発表を行いました。

今年度も、昨年度と同じように前期(一学期・二学期)は「グループ研究」、後期(三学期)は「個人研究」に取り組みます。

1班:鉄道模型(列車制御)

鉄道模型(Nゲージ)の列車制御をポケコンで行います。
列車の停止・発信・走行だけでなく、ポイント切換・信号機・踏切警報機なども制御する予定です。

2班:ピッチングマシンの製作

単相誘導モータを 2個使い、それぞれ速度を可変できるようにして、カーブやシュート等の変化球を投げられるようにしたピッチングマシンを製作します。
写真に写っているのは、単相誘導モータを制御するための回路図です。

3班 (1):波力発電模擬実験装置の製作

実験用水槽、波動発生装置、波力発電装置を製作して、波力発電の方法について探求します。
写真に写っているのは、波動発生装置の原理模型、実験用水槽の木枠です。

3班 (2)班:球速測定装置の製作

光電式の球速測定装置を製作します。
2組のセンサ群を用意して、球がその2点間を通過する時間を計測することによって球速を求めます。

4班:自然エネルギー(太陽光・風力)発電装置の製作

太陽光発電と風力発電について研究します。
写真に写っているのは、ソーラーパネルを太陽の南中高度に合わせて、仰角の調整ができる機構です。

5班:モータキックボード

自動車のワイパー用モータを利用して、電動キックボードを製作します。
写真に写っているのは、木材で製作した車体部分です。

6班:掃除ロボットの製作

各種のセンサーを内蔵した掃除ロボットを製作します。
現在は大まかな駆動部分が出来上がったところです。

7班:電気自動車の製作

自転車のフレームを流用しながら、自作の電気自動車を製作します。
写真は、製作途中の車体フレームです。慣れない溶接をしながら製作してます。

- - 戻る - -