直線上に配置

7班 道路模型用自動車の製作

前期発表会の様子

外乱光で誤動作しないラインとレースカーの製作。昨年製作された「理想的な信号機」の信号を見て停止、発進を確実に行う自動車(ライントレースカー)作りを研究しました。発光ダイオードにパルス信号を加えて断続的に発行させ、センサーでは目的の信号だけを受信させる方法を取り入れたことで、誤動作のしにくい自動車を作ることができました。
実際に製作したライントレースカーを片手に、実演しながら発表を行いました。
発表での実演でも、コースアウトすることなく、信号も守って、コースを回りました。
これが、今年度改良したライントレースカーです。
課題研究のトップページ
平成14年度 電気科
課題研究 トップページへ
直線上に配置