直線上に配置

2班 ホバークラフト・電磁推進船・リニアモーターカーの製作

前期発表会の様子

現在、近未来の乗り物として、超伝導を利用したリニアモーターカーと、電磁推進船が注目されている。今回の課題研究では推進原理を探求するために、この2つの乗り物を模型で作ることにした。また、乗り物の中でもう一つ、摩擦を克服して、浮上しながら進むものとして、ホバークラフトがある。今回の課題研究では、経費の制約から浮上実験のみを試みることにした。
発表のときには、ビデオカメラで投影して、後ろの方の人にも見てもらえるようにしました。
おもちゃのプラレールをリニアモーターカーとして走らせました。2畳分のコースをすごい速度で走りました。
プログラマブルコントローラで制御を行いました。
製作した電磁推進船です。実際に、水に浮かべると、ゆっくりと前進しました。
製作したホバークラフトです。前部にあるガソリンエンジンによる発電機で浮上用のブロワーを動作させるための電気を発電します。

中間発表の様子

あまり身近ではない「ホバークラフト」「電磁推進船」「リニアモーターカー」という三種類の乗り物を製作します。
模造紙に説明や図を書いて、発表しました。
電磁推進船の部品です。下側の小さな穴に水が流れて、推進力になります。
ホバークラフトに使用する予定のブロワ-です。下には、空気取入口と排出口があります。
課題研究のトップページ
平成14年度 電気科
課題研究 トップページへ
直線上に配置