平成13年度 電気科 前期 課題研究


どんなことをするの?

 前期の課題研究では、4月〜 7月の一学期の期間を使って、生徒一人一人がテーマを設定して調査・研究を行い、6月末の発表会で調査・研究の成果を発表します

どんなテーマで研究したの?

 身近な電気に関するテーマから、オーロラや宇宙といった自然科学に関するテーマまで多岐にわたるテーマに取り組みました。

 
  1. CCDカメラ
  2. 人工衛星について
  3. 火星に生命!?
  4. 発振回路について
  5. カラーテレビジョンのしくみ
  6. 赤外線リモコンの仕組み
  7. 星の一生
  8. デジタル音声とアナログ音声の違い
  9. 単相誘導電動機の製作
  10. 単相誘導電動機の製作
  11. デジタル
  12. 電動アシスト自転車
  13. 太陽電池について
  14. ラジオの仕組み
  15. 鉱石ラジオについて
  16. 電子メールの仕組み
  17. 太陽光発電の利用について
  18. エンジンのしくみ
  19. 潮力発電について
  20. 電池
  21. CDやMDの録音方法について
  22. 身の周りにあるシーケンス制御
  23. 電動機の仕組み
  24. 超伝導
  25. 現実感のある3次元CG
  26. コンピュータグラフィックスについて
  27. 電池の歴史
  28. 三相交流発電機の仕組み
  29. 超自然現象オーロラ
  30. 信号機
  31. 音声・映像のディジタル化
  32. 太陽電池
  33. ダイオードのしくみ
  34. モータについて
  35. 太陽電池
  36. MDのしくみ

発表会はどんな様子だったの?

発表会では、実物投影機 と プロジェクター を組み合わせて発表する生徒が多かったです。
プレゼンテーションソフトを利用して発表する生徒も何人もいました。
前期の課題研究は、調査に主眼を置いていましたが、実際に製作を行った生徒もいます。

左の写真は、簡単な赤外線リモコンを製作し、実演しているところです。

簡単なモーターを製作した生徒もいました。どちらも基本的な単相誘導電動機です。
「デジタルについて」のというテーマに取り組んだ生徒は、IC を組み合わせてデジタル時計の回路を組み立てていました。

見え難いですが、上部の赤い部分に現在時刻が表示されています。