アマチュア無線の楽しみ方はこんなにいっぱい! 

 ・手作りで楽しさが増す

 手作りの楽しさは、どんなことにもあります。自分で工夫して試行錯誤を重ね自分だけのものを完成
 させていく・・・・。
 ハンダごてやテスターを使って無線機やアンテナを自作し交信できるのは大変楽しく、ハムの世界の
 奥深さを感じる ことができます。

 ・さまざまな楽しみ方の例

ラグチュー
 無線でのおしゃべりのことです。気の合う仲間同士から見知らぬ新しい友まで。年齢・性別・職業・国籍を超えて
 楽しい出会いが広がります。

レピーター交信
 小さなトランシーバーでも、レピーター(電波の自動中継局)を使用することで遠く離れた仲間と携帯電話のように
 広範囲で安定した交信が楽しめます。レピーターは全国で1000局以上あります。

移動運用
 代表的なのは、車などに無線機をセットして運用するものです。
 電波の飛びの良い野外に移動して、山や海などの景色を楽しみながら交信するのは格別です。また、何台かの
 車で移動しながら互いの連絡を無線でとれば楽しいドライブになります。

DX(遠距離)交信
 目に見えない電波は意外な所まで飛んでいきます。無線機やアンテナの設備を整えれば、日本全国あるいは
 世界各国との交信が可能です。

アワード(賞)集め
 決められたルールに基づく交信を成立させると、それを証明するアワードが発行されます。アワードの種類は
 数多くあり、それらを獲得するために目標を立てて交信数を増やしていきます。全国にアワードハンターといわ
 れる多くのハムがいて、各種アワードを得るために日夜交信を楽しんでいます。

QSLカード
 相手と交信したことをお互いに証明するために交換するのがQSLカードです。カードは自由にデザインして作る
 ことができますので、個性あふれるカードを、見ているだけで楽しくなります。

パケット通信
 電話回線でパソコン通信を行う代わりに、アマチュア無線の電波を利用して行うものです。インターネットのように
 日本全国、世界各国とパソコンを通じて情報交換ができ、電話代もかからずに楽しめます。

ARDF競技
 ARDFとは“Amateur Radio Direction Finding”の略称で、アマチュア無線の電波による方向探索競技です。
 この競技は競技地域内に5台の無線送信機(TX)を隠し、このTXから発射されるモールス符号の電波を方向
探知のできる受信機によって受信し、コンパスと競技用の地図を使ってTXの場所を探索しますが、あらかじめ
決められた時間内に探し出した数とタイムで競う、知力と体力を必要とする競技です。


 ここにあげたのは、アマチュア無線の楽しみ方の一例です。まだまだ運用の楽しみ、挑戦する楽しみがたくさん
 あります。地域の無線クラブや学校のクラブなどが開くいろいろな催しに参加して、友達の輪を広げるのも良いで
 しょう。 自分なりにゆっくりとハムの世界を味わっていく夢をはぐくんでください。