直線上に配置

機械科ギャラリー

 このページでは、機械科の生徒が、実習の授業や放課後に製作した様々な作品を掲載します。また、資格の取得の風景や機械科の生徒がどんなものを製作しているのかもご覧下さい。

この風景は平成14年度のものです。

風  景 説  明 風  景 説  明
1年生の工業基礎実習です。フライス盤で材料の直角を出しているところです。 3年生の旋盤実習です。ねじ切りをするところです。
2年生のCAD実習です。AUTO CADで図面を描いています。 3年生のシーケンス制御の実習です。真剣に黒板を見て考えている生徒やノートにメモをしている生徒がいます。


左は、2年生の研削盤実習です。この風景は、計測機器のマイクロメータの使い方を説明しているところです。






左が研削盤です。この研削盤で面の表面を磨きます。
3年生の精密測定の実習です。空気マイクロメータで測定をしています。






左の測定機器は、万能投影機です。これを使ってねじの精度を測っています。



2年生のシーケンス制御です。線のつなぎ方が難しいようです。 先輩講話です。就職前の3年生を対象に本校卒業生から講話を頂きました。

ちなみに今回は第3回卒業生と第39回卒業生からの講話でした。


小型フォークリフトの講義です。





小型フォークリフトの実技です。フォークリフトの動作確認や操作法を教えていただいています。操作がなかなか難しそうです。


小型建設機械の講義です。ビデオを見ながらの講義でした。





小型建設機械の実技です。最終段階の掘削作業の風景です。アームとブレードの微妙な動かし方が難しかったようです。

トップ アイコン戻る