直線上に配置

機械科ってどんなとこ?

 簡単な機械器具を「計画し、設計し、製作し、動かしてみる。」といった一連の体験的な学習を通して、機械に関する基礎的・基本的な知識と技術を習得します。併せて、技術革新が進む中でのME化・複合化・システム化などの基礎となる各種の技術について学習し、機械に関連する諸分野における、企画・設計・製造・検査・研究・整備・販売サービスなどの実務に携わることができる技術・技能者の育成に努めます。

 機械科では、このように欠かすことのできない機械に関する基礎・基本的知識と技術を学び、工業の各分野で活躍できる実践的技術者の養成を行います。

機械科のしくみ  

本校の機械科では、高校三年間で次のように機械を学びます。

 まず、一年生では工業基礎実習を中心に学習します。

 二年生では、制御や制御の中身についての実習を行います。NC(数値制御)フライス盤実習、MC(マシニングセンター)実習、PC(プログラマバブルコントローラー)装置実習などがそうです。
 また、一年生で習った技能を応用しての、旋盤やフライス盤の実習なども引き続き行っています。
その他に、物作りに欠かせない、溶接実習やCAD実習やエンジン性能試験などの原動機実習などがあります。

機械科を卒業すると?

  機械科を卒業した後の就職先は、機械製造メーカー、プレス、電気機器メーカー、CAD製図、建設、機械オペレーターなどの様々な分野があります。また、不況下においても広範囲の分野から求人があるため、機械科を卒業した生徒は、学習内容と同様に幅広く、自分の適性や好みに応じた進路の選択ができます。

  また、工業高校には推薦制度による大学進学の道もあります。専門教科に興味・関心が強く、成績優秀で向上心のある生徒は、推薦入試(数学、英語、小論文、面接など)で進学しています。

機械科の歴史

  本校の機械科は、昭和37年(1962年)に魚津工業高等学校が創設される以前の魚津工業高等学校の前身、魚津高等学校の全日制機械課程(1961年)からの、43の歴史を持つ学科です。

これまでに、機械科を 2,675名の生徒が卒業し、県内・県外に留まらず、海外でも活躍しています。そして、後輩の活躍を期待し暖かく見守っています。

年月日 変遷 クラス数
昭和 36年 4月 1日 富山県立魚津高等学校に全日制機械課程新設 
昭和 37年 4月 1日 富山県立魚津工業高等学校が創設
機械課程は募集停止となり、二学年・三学年は富山県立魚津工業高等学校機械科に移籍
平成  5年 4月 1日 機械科の募集を 1 学級減

 

トップ アイコン 戻る